What did US President Woodrow Wilson mean by “peoples”?

最終更新: 7月17日


(「英語対訳で学ぶ日本-歴史と文化の111項目」(育鵬社)の072「パリ講和会議と人種差別撤廃」The Paris Peace Conference and the Elimination of Racial Discriminationから)

【1】原文:

Wilson praised the “self-determination of peoples,” but by “peoples” he meant only Europeans and Americans.

語彙:praise ~をほめる、~を賞賛する self-determination自決  self-determination of people民族自決

【2】検討:

1.mean by by〔…を以て〕mean〈…を〉意味する

What do you mean by…? ~を以てあなたは何を意味しますか?→ ~とはどういう意味ですか?

I mean…by…~を以て私は~を意味する→ ~とは~という意味です。

➡ 相手方が言った言葉の意味が分からないときに、「What do you mean by…?」は便利な言い回しである。

➡ あるいは、相手方が言った言葉を確認するときにも便利である。

You mean “toilet” by “restroom”? レストルームというのはトイレのこと?

2.What did Wilson mean by “peoples”? → ウィルソン大統領は「peoples」を以て何を意味したのですか?⇒ウィルソン大統領はどういう意味で「peoples」と言ったのですか?

He meant only Europeans and Americans by “peoples“.

彼は「peoples」を以てヨーロッパ人とアメリカ人のみを意味した。⇒彼が言う「peoples」とは、欧米人のみを指す。

【3】その他

「アメリカ黒人男性死亡 7日も各地で抗議デモ続く」 2020年6月8日 6時05分

「アメリカでは先月25日に(2020年5月25日)、中西部ミネソタ州で黒人男性が白人の警察官に首を押さえつけられて死亡した事件を受けて、各地で連日、抗議デモが行われていて、2回目の日曜日となった7日も、休日に合わせて大勢の市民がデモに参加しました。」(NHK Web記事より

 不思議な縁で、今回、たまたま約100年前(1919年)の第1次世界大戦後のパリ講和会議において日本が提案した「人種差別撤廃条約」に関する英文について質問を受けた。それから、約100年、改めて問題の根の深さを感じる。


「英語対訳で学ぶ日本-歴史と文化の111項目」(育鵬社)の072「パリ講和会議と人種差別撤廃」の関連個所からの引用英文は次の通りである。

「The Paris Conference was held in 1919 following the end of War I. … The Japanese representative proposed to the conference that the “elimination of racial discrimination” be incorporated into the League of Nations’ charter. Of the sixteen attendees, eleven approved, making it seem as if the proposal would pass. However, the proposal was denied in the end. Even though all prior agenda items had been approved by majority vote, Wilson, the conference chair, avoided passing the proposal by calling unanimous approval. Wilson praised the “self-determination of peoples,” but by “peoples” he meant only Europeans and Americans.

Japan was the first nation to propose the elimination of racial discrimination at any international conference. The elimination of racial discrimination became a reality with the “International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination”

adopted by the United Nations after World War II….」

(以下は、質問があった下線部の参考訳)

after World War II第二次世界大戦後に

adopted by United Nations(国際連合)によって採択された

with “International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination”を以て

人種差別の撤廃は現実となった(became a reality)。

語彙:

“International Convention→Conventionは会議ではなく、条約を意味する。→国際条約

“on ~” ~に関する(国際条約)

“Elimination of All Forms of Racial Discrimination”→人種差別についてのAll Formsあらゆる形態の撤廃

International Convention on the Elimination of All Forms of Racial Discrimination

⇒「あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約」→略称「人種差別撤廃条約」

以上

むこぐち特許事務所

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

そのwhatは疑問(代名詞)か関係(代名詞)か?

(「英文読書術 イギリスエッセイ編」(行方昭夫・DHC)のP14)から) 【1】原文: ‘Only the amateur poet,’ he said, ‘can know to what depths of insincerity human nature can descend.’ 【2】質問: 1.全体構造をどのように理解すべきか? 2.文中のwhatは疑問(代名詞)か関係(代名詞)か?

“wife’s”(wifeの所有格sの発音は[s]か[z]か?)

(「15時間で速習 英語耳」松澤喜好著 例文69から) 【1】原文: Don’t judge your wife’s decision. 【2】質問:wife’sの発音は[s]か[z]か? 【3】検討 (1)今はどうか知らないが、中高時代の英語の定期テストでは発音の問題というのがあった。とうに忘れたことだが、復習してみよう。 (2)無声音の後に置かれるsであれば、その発音は[s]である。 私の記憶