doubleかdoubledか

最終更新: 6月2日

(「英語対訳で学ぶ日本-歴史と文化の111項目」(育鵬社)の067「韓国併合」The Annexation of Koreaから)

【1】原文

…the Korean population increased from 13,830,000 in 1911 to 21,370,000 in 1936, and the production of rice and wheat more than doubled.

(韓国の人口は、1911年の1383万人から1936年の2137万人に増え、米と麦の生産量は2倍以上に増えた。)

語彙:increase他動詞(~を増やす)自動詞(~が増える) double他動詞(~を2倍にする)自動詞(~が2倍になる)

【2】疑問:なぜ「double」ではなく、「doubled」なのか

【3】検討

1.後半の「the production of rice and wheat more than doubled.」をfull sentenceで書くと、The production of rice and wheat increased more than the production of rice and wheat doubled」(米と麦の生産は2倍になったよりも多く、(米と麦の生産量は)増えた。)となる。

→ 同一文章中の重複部分を省略すると、「The production of rice and wheat increased more than doubled」となる。

→ 前文中に「increased(自動詞)」との重複を省略すると、「The production of rice and wheat more than doubled」となる。

→ 要するに「doubled」は「increased(自動詞)」に対応した「double」の自動詞の過去形「doubled」である。

2.名詞又は形容詞のdouble

Doubleは、動詞(自他)の他に、名詞(2倍)と形容詞(2倍の~)としても使用される。例えば、「The production of rice and wheat in 1936 was more than double what was in 1911.」のような場合は、名詞又は形容詞としてのdoubleである。

【4】参考 日本語になった「ダブル」

日本語になった「ダブル」も動詞、名詞、形容詞として使用されている。

名詞(ウィスキーのシングルに対するダブル)

形容詞(ダブルスコア double score)

動詞(「字がダブって見える」「単位が足りなくて1年ダブった」

以上

むこぐち特許事務所トップページへ

0回の閲覧