top of page

Topics of Japanese history-Matsuyama city

(by S. Miyauchi, Professional Engineer, Doctor of Engineering, JSME Fellow)

<松山市と島並み海道 Matsuyama city and Shimanami Kaido>

My hometown Matsuyama is often said to be the easiest place to live in Japan because the climate (warm and blue sky in winter), the landscape, humanity and food are good. See "35. Shikoku, Japan" in "52 Places to Go in 2015 - The New York Times". (https://www.nytimes.com/interactive/2015/01/11/travel/52-places-to-go-in-2015.html)

Matsuyama is also a historical town. In 663, Japanese army went to Baekgang (白村江) to save Paekche (百済、Korea) against Tang (唐、China). At that time waiting for the high tide for sailing in Matsuyama, so famous Waka (和歌) was sung by talented Queen Nukata Okimi (額田王).

熟田津に 船乗りせむと 月待てば 潮もかなひぬ 今は漕ぎ出でな  (万葉集)

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

<高校時代は人間力の醸成の大事な時>

宮内 直(技術士、工学博士、機械学会フェロー) 地方公立名門高校の卒業生は人間力と好奇心・地頭が強く伸び代が大。率直で元気で挑戦的、ストレス・逆境に強く、様々の境遇の仕事相手の懐へ初対面でも飛込む。また地方の親達は「子供は何とか国立大学へ」と懸命に働き、子供もその感謝で社会に出て勤勉なので企業に人気。地方創生が最近よく話題になるが、明治の近代化から戦後復興・高度成長は、江戸時代の全264藩(領邦)

土地購入開拓@開拓部

Jay Shafer's Stunning $5,000 Tiny House 3,025,516 回視聴 •2018/11/09 https://www.youtube.com/watch?v=kokfI0vn9ZM 那須塩原市 上物作っていきます。前編#ミニ小屋作り#小屋暮らしとDIY https://www.youtube.com/watch?v=W5sAvvTvSk4 【土地開拓】#2 伐

駆け抜けし 昭和の星(スター)ら 浄土へと

人間、「はい、ここまで」という日は来る。 突然来る(交通事故など)。 一定期間の予告をもって来る場合もある(癌の告知後数か月から数年など。)。 病床に2、3日臥せれば、あっという間の身体の衰えを意識する。 身体、頭、目、手、足を動かしての命である。 「はいここまで」が来るまで、毎日、身体、頭、目、手、足を動かすことだ。 それは試験の1時間と同じだ。一生は試験の1時間だ。 「はいここまで」と言われる

Comments


bottom of page