Q-001-02 「特許庁における審査」について教えてください。

最終更新: 8月22日

A-001-02 回答(2020年8月13日)

特許庁の審査官は何を審査するのでしょうか?ごくごく簡単に言えば、以下のようなことを審査します。

事例として、貴社が「スマートフォン」に使用する商標として「AI型Phone」を出願した場合の審査を検討してみましょう。

1.他人の(登録)商標と類似していないか?

商標「AI型Phone」と「iphone」は類似していなか?

類似しているか否か、人によって見解が分かれるかもしれません。

2.他人の商標と類似していないとしても、そもそも「AI型Phone」なる商標を1つの会社に独占させてもよいのか?

AI型あるいはAI式という言葉は、誰でも使用したい言葉です。また、「Phone」は電話機のことを英語で表しただけに過ぎません。

しかし、独占させてもよいかどうか、人によって見解が分かれるかもしれません。

3.その他審査される内容は多岐に渡ります。詳しく知りたい方は、特許庁の以下のサイトをご参照ください。

「出願しても登録にならない商標」2020年8月13日現在)


むこぐち特許事務所トップページへ

7回の閲覧

最新記事

すべて表示

Q-000-01 そもそも自分で商標登録の手続をすることは可能ですか?(2020年8月8日(土曜))

A-000-01 回答 結論から言えば、可能です。 自分で手続をする方法を学ぶには、以下の方法があります。 (1)知財総合支援窓口 各都道府県に設置されている知財総合支援窓口で出願(申請)のやり方を教えてもらうことができます。(但し、出願したいA商標と既に登録されている第三者のB商標とが相互に類似しているかどうか等についての精確な判断を求めることまではきません。) (2)特許庁のホームページ 例え

Q-001 自分で商標登録をする場合の流れについて教えてください。(2020年8月7日(金曜))

A―001 回答 1.ごくごく簡単に言えば、1~3の流れになります。 (1)出願(申請) → (2)(特許庁)審査 → (3)(特許庁)登録 2.もう少し詳しく言うと、1~3の流れになります。 (1)出願(申請): 「商標登録願」(しょうひょう とうろくねがい)という書面を特許庁に郵送します。 (2)特許庁における審査: ① 特許庁は、「商標登録願」の内容を審査します(審査には、平均6月~12月を