里山通勤だより 2018年2月度

 

里山通勤だより(2018年2月28日 駅への田舎みちにて):おはようと 小学生に おじぎされ 心ほんわか 春陽おだやか

 

里山通勤だより(2018年2月26日):雨上がり 鳥のさえずる 春の朝

 

里山通勤だより(朝刊)(2018平成30年2月16日):春は曙・・・を感じさせる今朝の里山

 

里山通勤(妄想通勤)だより(2月15日):義務だと思うからつまらない。権利だと思えば楽しい。もっとたくさん納税する権利がある、と思うのは無理?か^^

 

2月12日:計算があっているか、心もとない。40年=480箇月。100年=1200箇月。

 

里山通勤だより(2018年2月9日):数日前の寒さと雪の風景とはうってかわって、春の訪れを感じさせる今朝の里山。

 

2月7日:田舎暮らしや山奥への移住は、そこで一冬過ごしてから決めたいと思った昨晩の寒さ(2018年2月6日)

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
最新記事

September 7, 2019

July 28, 2019

June 29, 2019

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグから検索
ソーシャルメディア