里山通勤だより 2018年7月度

 

里山通勤だより(2018年7月31日 火曜日 昼 旧大阪球場ホームベース跡ま@なんばパークス):

夏の試合 つわものどもが 夢の水

 

里山通勤だより(2018年7月31日 火曜日 夏バテの朝遅く 駅前にて):

夏空に 向かって みどり たくましき

 

里山通勤だより(2018年7月30日 晩 山荘にて):

スイカ世代 自作スイカで 涼をとる

 

里山通勤だより(2018年7月30日 月曜日 所用あり朝遅い出勤):

風は秋 夏のなごりの 空と雲

 

里山通勤だより(2018年7月29日 日曜日 朝 台風12号抜けた朝):

秋の季語 台風一過 秋長し

 

里山通勤だより(2018年7月28日 土曜日 朝 台風が来るというので出勤取り止め、一駅隣に小旅行):

田舎人 近くて遠くの 渓流へ

 

里山通勤だより(2018年7月27日 晩 街中 夏のストリートにて):

ヒップホップ ステップ揃え 盆踊り

 

里山通勤だより(2018年7月27日 金曜日 朝 駅への道すがら):

ひと湿り 裏山に湯気 のぼる朝

 

里山通勤だより(2018年7月26日 木曜日 昼 街中事務所オフィス棟にて):

エレベーター 駆け込み乗車 したりされたり

 

里山通勤だより(2018年7月26日 木曜日 朝 駅への道すがら):

草の葉も ややくたびれし 夏半ば

 

里山通勤だより(2018年7月25日 水曜日 朝 駅への道すがら):

確実に 歩数を稼ぐ 駅への道

 

里山通勤だより(2018年7月24日 夕刻 里行き電車内):

暑いとき イインパール作戦 想像し

寒いときには シベリア抑留想像す

 

里山通勤だより(2018年7月24日 火曜日):

百年に 何が残りて 何消えし

 

里山通勤だより(2018年7月24日 火曜日 朝 駅への道すがら):

ただそこに 光を受けて 濃淡美

 

里山通勤だより(2018年7月23日 月曜日 朝 街行き電車):

古稀過ぎて なお立ち通勤 書読むご仁

 

里山通勤だより(2018年7月22日 日曜日 昼 山荘にてMの証明):

草むしり 熱中し過ぎの 熱中症

 

里山通勤だより(2018年7月22日 日曜日 朝 駅への道すがら):

夏は蝉 土から生まれ 土に帰す

 

里山通勤だより(2018年7月21日 土曜日 朝 駅への道すがら):

緑 白  青の織りなす 自然美よ

 

里山通勤だより(2018年7月20日 金曜日 里山行き電車内 先日の前々職OB会の衝撃を思い出して):

喜寿人たち ビール飲むパワーの すさまじき

 

里山通勤だより(2018年7月20日 金曜日 朝 駅への道すがら):

「山」と問われ 「川」と応える 合言葉

いにしえからの カタルシスかな

 

里山通勤だより(2018年7月19日 朝 駅への道すがら)

その頃も 暑かりしかな 疎開先

 

里山通勤だより(2018年7月18日 水曜日 昼 @大阪難波駅周辺)

初体験 通訳アプリで 道聞かれ

思わずスマホに 応えかけそに

 

里山通勤だより(2018年7月18日 水曜日 朝 山荘にて):

熱帯夜 耐えて冷気で 目の覚めし

 

里山通勤だより(2018年7月17日 火曜日 晩 山荘にて):

作りて知る 八百屋のスイカ ありがたく

 

里山通勤だより(2018年7月17日 連休明けの火曜日 朝):

草刈りの あとの匂い いと かぐわしく

 

里山通勤だより(2018年7月16日 祭日の月曜日 夕刻 里山へのトンネルに入いる直前):

夕陽見た 後は食べて 寝るだけよ

 

里山通勤だより(2018年7月16日 祭日の月曜日 朝 駅への道すがら):

沢の音 沢に浸りたく 沢に行く

 

里山通勤だより(2018年7月15日 日曜日 晩 山荘近くにて):

草原の 虫の音が早や 秋知らす

 

里山通勤だより(2018年7月15日 日曜日 朝 駅への道すがら):

日の出前 早やかまびすしき 鳥と虫

 

朝陽を見 動いて食べて 夕陽を見

 

里山通勤だより(2018年7月14日 土曜日 晩 山荘にて):

日本の夏 うちわ1つで 乗り切らむ

 

里山通勤だより(2018年7月14日 土曜日 朝 駅への道すがら):

熱帯夜 明けて迎える 里の朝

 

里山通勤だより(2018年7月13日 金曜日 晩 隣接デパ屋上素通り):

夏は夜 麦庭で 汗 かくもよし

 

里山通勤だより(2018年7月13日 金曜日 朝 街行き電車内 思い付き自由三行句):

職住近接 近郊通勤

茅葺き住まい 里山から通勤

山小屋住まい 山奥から通勤

 

里山通勤だより(2018712 木曜日 朝 駅への道すがら):

通学路 うちわであおぐ 女子中生

 

里山通勤だより(2018年7月11日 水曜日 朝 駅への道すがら):

夏は日かげ 冬は日なたを さがす我

 

里山通勤だより(2018年7月10日 火曜日 晩 里行き電車内):

ビール一杯 酒一合にてほろ酔う

過ぎし年月 いとおしくもあり

 

里山通勤だより(2018年7月10日 火曜日 朝 駅への道すがら):

地に降りて 再び天に 昇る雨

 

宰の宴 濁流にのまれし 縁 咽 怨

 

里山通勤だより(2018年7月9日 月曜日 朝 里の駅にて):

夏は朝 たまに始発に 乗るもよし

 

里山通勤だより(2018年7月8日 日曜日 夕刻 駅からの道すがら):

夕刻に 夏雲白く 山青し

 

里山通勤だより(2018年7月8日 日曜日 朝 駅への道すがら):

嵐し前 さ中後にも ヒメジョオン

 

里山通勤だより(2018年7月7日 土曜日 朝 駅への道すがら):

豪雨過ぎ 草木から早や 鳥の声

 

里山通勤だより(2018年7月6日 金曜日 朝):

ひたすらの 雨 パン一つ 寂然と

 

里山通勤だより(2018年7月5日 木曜日 山荘にて 雨の朝):

雨音で 目が覚め かぐ 雨の匂い

 

(文科省官僚贈賄ニュース知り、追句)

モリカケで 終わらぬ官僚 腐食の匂い

 

里山通勤だより(2018年7月4日 生暖く湿気のある曇天の朝):

だ作家も 一年続けば た作家に

 

里山通勤だより(2018年7月3日 火曜日 朝 山荘にて):

幼くも 一人前の すいか顔

 

里山通勤だより(2018年7月2日 月曜日 朝):

夏になり 早朝電車も 混みにけり

 

里山通勤だより(2018年7月1日 日曜日 晩 山荘にて):

街しごと 合間に摘むや 凸凹きゅうり

 

里山通勤だより(2018年7月1日 日曜日 朝 山荘にて):

夏の朝 夜に張りし湯の なおぬるく

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

カテゴリー
最新記事

September 7, 2019

July 28, 2019

June 29, 2019

Please reload

アーカイブ