that節における原形be

(「英語対訳で学ぶ日本-歴史と文化の111項目」(育鵬社)の072「パリ講和会議と人種差別撤廃」The Paris Peace Conference and the Elimination of Racial Discriminationから)

【1】原文:

The Japanese representative proposed to the conference that the “elimination of racial discrimination be incorporated into the League of Nations’ charter.

語彙:elimination排除、撤廃 racial discrimination人種差別 League of Nations国際連盟1920~1946年

【2】質問: なぜbe(原形)なのか。

【3】検討:

提案(propose, suggestなど)、要求(demand, requestなど)、願望(wishなど)の動詞の後にthat 節が来る場合、助動詞should(~すべき)が省略されているように、見える場合がある。

しかし、以下の【4】深掘りの結果、これは決して、shouldが省略されているのはではなく、文法的なアプローチの相違に由来するようです!!!


提案する…propose to him that he (should) do …

示唆する…suggest to him that he (should) do …

要求する…demand that he (should) do …

望む…wish that he (should) do …

【4】深掘り:that節の中で使う仮定法現在

なぜ、shouldがあったり、なかったりするのか。疑問です。

それは、「仮定法現在」という文法が関係しているようです。

詳しくは⇒https://beyond-je.com/present-subjunctive/

このサイトの情報をそのまま引用します。

「that節の中で使う仮定法現在

例文 The teacher suggested that he study math at college. 先生は彼が大学で数学を学ぶように提案した。

・insist ・demand ・suggest ・propose

などの、「提案・要求」などを表す動詞の目的語になる that節では仮定法現在(動詞の原形)が使われます。「彼が大学で数学を学ぶ」というのは「まだ実現していない、話し手の頭の中の話」なので、仮定法現在で表すというわけです。

「提案・要」などを表す動詞の目的語になる that節では仮定法現在(動詞の原形)が使われます。「彼が大学で数学を学ぶ」というのは「まだ実現していない、話し手の頭の中の話」なので、仮定法現在で表すというわけです。」

以上より、shouldがない場合は、that節で仮定法現在(動詞の原形)が使われているためと理解できます。

一方、

「イギリス英語では「should + 動詞の原形」の形を使うことが多いです。先ほどの例では、The teacher suggested that he should study math at college.となります。

要求や提案などは「~すべきだ」、上記の例文で言うと「学ぶべきだ」という意識でされますよね。should が使われるのはそのためですね。これは助動詞の should が分かっていれば納得できると思います。」

以上より、shouldがある場合は、「~すべき」というニュアンスは強めるために、敢えてその意味を表す助動詞shouldを使っているためだと理解できます。

なぜ、shouldが省略されたり、省略されなかったりするのか。

上記のサイトからの理解をまとめると、

① shouldがない場合(省略されているというより、そもそもない)⇒仮定法現在の用法

② shouldがある場合⇒助動詞should + 動詞の原形

となるようです。

上記のサイトの情報によれば、

「誤解されている人が結構多いところなのですが、仮定法現在(動詞の原形)の表現は should が省略されているというわけではありませんので注意して下さい。(むしろ逆で、 should を使う用法が後に出来ました」とのことです。

要するに、②のようにshouldを用いる表現は、いつから知りませんが時代的に新しいのですね!

以上

むこぐち特許事務所トップページへ


0回の閲覧